研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[ペットの追跡デバイス:高周波電磁界へのばく露についての健康リスク評価] review

Tracking Devices for Pets: Health Risk Assessment for Exposure to Radiofrequency Electromagnetic Fields.

掲載誌: Animals (Basel) 2021; 11 (9): 2721

毎年、約3%のイヌやネコが行方不明になっていることから、高周波RF)を送信してペットの地理的位置を追跡するデバイスが利用可能である。この論文の著者らは、RF電磁界への連続的なばく露による動物健康リスクをレビューした。市販の追跡デバイス21種類のうち14種類は第2、第3、第4世代(2G、3G、4G)モバイルネットワークを利用し、それ以外ではWLAN、Bluetooth等の周波数で動作する。ペットの環境ばく露(ラジオ、TV携帯電話ネットワーク基地局)、屋内ばく露(DECT規格コードレス電話WLAN、Bluetooth等)、ならびに追跡デバイスからのばく露を評価した。その結果、これらのばく露レベルは国際非電離放射線防護委員会(ICINRP)の参考レベルよりも大幅に低く、健康への悪影響から確実に防護されていることが示された。ペットのばく露に関する不確かさが最も大きかったのは、WLANおよびDECTからの屋内ばく露についてであった。このばく露は、ばく露時間を減らし、波源からの距離を大きくすることで大幅に制限できる、と著者らは述べている。

ばく露