[電磁界にばく露される心臓能動的植込み型医療機器を有する労働者:欧州規制の枠組みにおけるリスク分析のための方法および事例研究] basics

Workers with Cardiac AIMD Exposed to EMF: Methods and Case Studies for Risk Analysis in the Framework of the European Regulations.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2021; 18 (18): 9709

ペースメーカーや植込み型除細動器等の心臓の能動的植込み型医療機器(AIMD)を有する労働者は、労働安全衛生規制の枠組みで、電磁障害による危険性から保護しなければならない特に敏感なリスク集団と見なされている。この論文の著者らは、欧州連合(EU)の規制、特にEN 50527-2-1:2016および50527-2-2:2018両規格に則り、電磁界ばく露される心臓AIMDを有する従業員のリスク評価のために従わなければならない一般的な方法について論じている。また、リスク評価の初期分析の実践的な実施方法をより良く説明し、更なる特定のリスク評価分析が必要か否かを理解するため、特定の電磁界発生源に関連する3つのケーススタディを提示している。

ばく露