[人工電磁界:イオン強制振動および電位依存性イオンチャネル機能不全、酸化ストレスおよびDNA損傷(レビュー)] basics

Human‑made electromagnetic fields: Ion forced‑oscillation and voltage‑gated ion channel dysfunction, oxidative stress and DNA damage (Review).

掲載誌: Int J Oncol 2021; 59 (5): 92

この研究は、人工的な電磁界によるDNA損傷とこれに関連する影響をレビューしている。偏波/コヒーレント電磁界による細胞膜電位依存性イオンチャネルの不規則な開閉のイオン強制振動メカニズムを広範に説明している。イオンチャネルの機能不全は、細胞の電気化学的平衡および恒常性維持を決定する細胞内イオン濃度を乱す。この研究は、このことがどのようにして、活性酸素種フリーラジカルの過剰産生を通じてDNA損傷を生じ得るか、更には、人工的な電磁界ばく露が実際にDNA損傷およびこれに関連するがんなどの病理学につながり得るという全体像を示している。更に、高周波RF電磁界によるものとされる非熱的生物学的影響が、実際にはその超低周波(ELF)成分によるものであると示唆している。

ばく露