研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[メラトニン:電磁波に対する潜在的なシールド] review

Melatonin: a Potential Shield against Electromagnetic Waves.

掲載誌: Curr Neuropharmacol 2021 [in press]

松果腺合成される必須ホルモンであるメラトニンは、各種の生理学的機能および概日リズムの調節に関与している。このレビュー論文は、高周波RF)/超低周波(ELF)電磁界による酸化ストレスに対するメラトニンの防護作用の根底にあるメカニズムを記述するモデルを提示している。この著者らは、メラトニンフリーラジカルスカベンジャー活性がラジカル対の一重項‐三重項変換率の低下、ならびに三重項生成物の濃縮を通じて可能になることを示している。このレビューはまた、電磁界の悪影響全般、特に電磁過敏症(EHS)に対するメラトニンの潜在的な治療上の便益も強調している。

ばく露