[電磁界への出生前の慢性ばく露はWistarラットの仔の血清および脳におけるアデノシンデアミナーゼ活性を変調させる] temp.

Prenatal chronic exposure to electromagnetic fields modulated adenosine deaminase activity in serum and brain of Wistar rats' offspring

掲載誌: J Microw Power Electromagn Energy 2021 [in press]

この研究は、胚期に低周波LF)および高周波(HF)の電磁界慢性的にばく露した仔ラットの脳および血清アデノシンデアミナーゼ(ADA)を調べた。雌雄のラットを番わせた後、雌ラットをLFばく露群(ソレノイド、50 Hz、1.5 mT、30分間/日)、HFばく露群(携帯電話、900 MHz)、擬似ばく露群、ケージ対照群の4群に割り付けた。仔ラット(各群につき雌雄6匹ずつ)の脳および血清サンプルを生後4週目に採取し、特定の酵素キットおよび分光光度計でADAを測定した。その結果、LFばく露群では、脳のADA活性の有意な上昇が雌雄両方で認められた。HFばく露群では、血清のADA活性の有意な上昇が雄の仔ラットで、脳のADA活性の有意な上昇が雌雄両方で認められた、と著者らは報告している。