研究のタイプ: 医学/生物学の研究

[ヒト胃がん細胞株に対する超低周波電磁界下でのBCL2[B細胞リンパ腫2]とその調節MIRS[マイクロRNA]、MIR-15-BおよびMIR-16の発現の変化] med./bio.

Evaluation of BCL2 and Its Regulatory MIRS, MIR-15-B and MIR-16 Expression Changes Under the Exposure of Extremely Low-Frequency Electromagnetic Fields on Human Gastric Cancer Cell Line.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2021: ncab163 [in press]

この研究は、0.2 mTおよび2 mTの超低周波(ELF)磁界への18時間の連続ばく露および間欠ばく露(1.5時間オン/1.5時間オフ)後のヒト腺がんがん細胞株(AGS)におけるB細胞リンパ腫2(BCL2)、マイクロRNA(miR)-15-bおよびmiR-16の発現の変化を調べた。細胞生存率の変化をMTTアッセイで評価した。BCL2、miR-15-bおよびmiR-16の発現の変化をリアルタイムPCRで評価した。その結果、2 mTでの連続ばく露はAGS細胞の生存率を有意に低下させ得ることが示された。BCL2発現は0.2および2 mTでの連続ばく露、ならびに2 mTでの間欠ばく露後に有意に低下した。miR-15-bおよびmiR-16の発現は2 mTでの連続ばく露および間欠ばく露後に有意に上昇した、と著者らは報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露