[タイの若年者のスマートフォンユーザーにおける片頭痛のトリガー:時系列研究] epidem.

Trigger of a migraine headache among Thai adolescents smartphone users: a time series study

掲載誌: Environ Anal Health Toxicol 2021; 36 (1): e2021006-0

この研究は、高校生の片頭痛の発症における現代の技術の影響を、タイのチェンマイ県の高校生の集団におけるスマートフォン145台(データ数の合計12969件)について、一般化推定方程式分析で調べた。スマートフォンのアプリを用いて出力電力を測定・記録した。スマートフォン使用、睡眠の質、不安、うつ病を評価した。その結果、反復的な頭痛有病率は13.4%、片頭痛は16.9%であった。片頭痛との関連はハンズフリー装置使用およびインターネット使用が最も強く、次いで年齢および不安であった。更に、片頭痛のトリガーとしての出力電力の影響は、≤ 1.79×10^(-5) および1.80-1.99×10^(-5) mWの範囲で最も強かった。再発性の片頭痛を避けるため、スマートフォンをハンズフリー装置で通話することを避けることが推奨される、と著者らは結論付けている。

ばく露