研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究

[イタリアの規制に従った職場での300 GHzまでの電磁界へのばく露からの健康および安全性リスクの評価のための準定量的手法] risk

Semi-quantitative methodology to assess health and safety risks arising from exposure to electromagnetic fields up to 300 GHz at workplaces according to Italian regulations

掲載誌: Int J Occup Saf Ergon 2022: 1-12 [in press]

この論文は、職場での300 GHzまでの電磁界ばく露から生じる健康および安全性のリスクの評価および管理、ならびに、欧州指令2013/35/EUおよびイタリアの規制の要求事項に基づく介入の優先順位の定義のための準定量的手法について論じている。電磁界ばく露から生じる影響、および防護に関連する規制の枠組みについての系統的に概観している。更に、国際的およびイタリア国内の標準化機関が発行している技術規格およびベストプラクティスガイドに基づき、リスク評価プロセス、ならびにリスク緩和のための技術的・組織的な対策、特にリスクのある労働者についての個別の要求事項への適用についての詳細な分析を実施している。

ばく露