研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[9.4T磁界によるラットの脳幹の核でのc-FOS誘発] med./bio.

c-Fos induction in visceral and vestibular nuclei of the rat brain stem by a 9.4 T magnetic field.

掲載誌: NeuroReport 2000; 11 (12): 2681-2685

最近、グルコース-サッカリン溶液を飲んでから30分間、9.4T静磁界ばく露されたラットが、グルコース-サッカリンに対する条件付け味覚忌避(CTA)の症状を起こすことが示されている。c-Fos免疫組織学的手法で9.4Tの静磁界で活性化される脳幹部位の同定を行った。ラットを9.4T磁石に30分拘束し、対照群磁界ばく露せずに拘束した状態である。磁界は、対照と比べ、solitary tract, parabrachial. medial vestibular. Prepositus、supragenualis nucleiなどの部位にc-Fos陽性細胞を著しく誘発させた。これらの結果は磁界ばく露はCTAを促進させるかもしれないVisceral, Vestibular 核での神経の活性化を引き起こすことを示唆している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

In a previous study, it has been shown that rats placed in a 9.4 Tesla static magnetic field after drinking a glucose-saccharin solution develop a conditioned taste aversion to glucose-saccharin (see publication 145). The authors sought to identify brain stem regions that are activated by the 9.4 Tesla magnetic field exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • superconducting magnet
ばく露装置の詳細 rats placed inside the magnet
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 9.4 T - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The magnetic field induced significantly more c-Fos-positive cells than sham exposure treatment in the solitary tract, parabrachial, medial vestibular, prepositus, and supragenualis nuclei.
These data suggest that magnetic field exposure causes neural activation in visceral and vestibular nuclei that may promote conditioned taste aversion learning.

研究の種別:

研究助成

関連論文