[病原性微生物の抗生物質感受性に対するルーターから発せられる電磁放射の影響] med./bio.

The Effect of Electromagnetic Radiation Transmitted from Routers on Antibiotic Susceptibility of Bacterial Pathogens

掲載誌: J Biomed Phys Eng 2022; 12 (4): 327-338

この研究は、Wi-Fiルーターから発せられる非電離高周波放射細菌株への影響、ならびに現代の抗生物質に対するその感受性の変化を調べた。4種類の細菌を選択し、各々の細菌株から一つのコロニーをWi-Fi放射ばく露し、もう一つのコロニーを対照群とした。8種類の抗生物質ディスクを細菌プレートにセットし、各コロニーで3時間ごとに阻害ゾーンを測定した。その結果、電磁放射細菌のコロニーとその抗生物質への感受性に影響を及ぼした。細菌株、抗生物質ばく露時間と相関した統計的有意差が、主に6時間後および24時間後に阻害ゾーンに認められた(p < 0.05)、と著者らは報告している。

ばく露