[哺乳細胞における放射と化学物質誘発突然変異形成に対する60 Hz超低周波磁界の影響] med./bio.

Effects of 60 Hz extremely low frequency magnetic fields (EMF) on radiation- and chemical-induced mutagenesis in mammalian cells.

掲載誌: Carcinogenesis 2000; 21 (6): 1221-1226

疫学研究ならびに実験室研究での結果に一貫性が無いことから、EKF-EMFの生物影響についてはかなりの不確実性がある。ここでの研究は、指数成長期のヒト-ハムスターハイブリッドAL細胞を60Hz、100μTに24時間または7日間ばく露した。電磁界へは、電磁界単独またはγ線およびMNNGの化学発がん物質の複合ばく露を行った。電磁界単独への7日間のばく露は、細胞毒性はなく、突然変異は見られなかった。電磁界とγ線、MNNGの同時ばく露では、細胞毒性ならびに、CD59-ミュータントの誘発はなかった。この結果は、電磁界への短期/長期の単独ばく露ならび環境注の発がん物質との同時ばく露で、奇形頻度が上昇することはなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露