[末梢神経刺激を考慮した最大パルス電磁界限度:IEEE/ ANSI C95.1電磁界規格の適用] med./bio.

Maximum pulsed electromagnetic field limits based on peripheral nerve stimulation: application to IEEE/ANSI C95.1 electromagnetic field standards.

掲載誌: IEEE Trans Biomed Eng 1998; 45 (1): 137-141

<目的>パルス磁界による末梢神経の刺激を保護するために、許容磁界のピーク値を規制する基準について検討する。 <方法>IEEE/ANSIのC95.1では3kHz-300GHzの周波数における電磁界の実効値による曝露リミットを決めている。デューティーファクターの低いパルス状の正弦波の場合、許容磁界のピーク値が神経の刺激限界を越えるにもかかわらず基準の実効値リミットを満足するという難しい問題が発生する。神経刺激を避けるためのパルス磁界制限は核磁気共鳴画像装置に対して設けられており、IEEE/ANSI基準に対してMRIのクライテリアの適用を検討する。 <結果>MRIの曝露基準はdB/dtの継続時間に対して規定されている。IEEE/ANSI基準のC95.1で規定されている正弦波磁界と結びつけるために、ピーク磁界と時間微分とを関係づけた。さらに高い周波数に対する適用限界や体重に対するスケーリングファクターや体の一部分のみが曝露された場合の適用限界などについてまとめている。