[電磁界とがんの事例でのハザード同定に対するベイズ定理の適用] basics

A Bayesian approach to hazard identification. The case of electromagnetic fields and cancer.

掲載誌: Ann N Y Acad Sci 1999; 895: 27-33

この論文では、ハザードの同定の不確実性に関係する事柄を議論する。50-60Hz電磁界EMF)へのばく露がガンのリスクを増加させるという仮定による研究が20年間続いている。疫学研究は、小児白血病成人慢性リン白血病リスク増加、そしてまたおそらく他の白血病脳腫瘍についてもリスクの増加を示す、何か一貫性のあるパターンが示されている。しかし、メカニズムに今だよく分かっていない。本論文の目的は、疫学データ、実験データの重みづけ、すべてのデータを結び付けて評価するようなその他の背景的な情報について議論する。