研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[EMFに関連する神経変性疾患、自殺とうつ病] review

Neurodegenerative diseases, suicide and depressive symptoms in relation to EMF.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2001: S132-S143

1979年に最初の研究が発表され、商用周波数電磁界の環境ばくばく露慢性病のリスクを高めることが示唆された。この論文の目的は、神経変性疾病、自殺とうつ病の文献を、メタ分析手法によって電磁界と関連付けて、よりよく理解することである。筋萎縮側索硬化症(ALS)は、電気会社の仕事がリスク増加と関係するかもしれないとする強いデータがあると結論できる。しかし、電磁界はALSに対して、考えられる説明の中の一つにすぎない。アルツハイマー病では、電磁界との関連性についてのデータは、ALSよりも弱かった。自殺については、関連性は低いと結論づけられる。うつ病に関しては、評価はさらに複雑であるが、全体としての結論は、証拠は相対的に弱い。パーキンソン病などの疾病では、評価するに十分な情報はない。

影響評価項目

ばく露