研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[低エネルギー放射療法による睡眠誘導効果] med./bio.

Sleep inducing effect of low energy emission therapy.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1994; 15 (1): 67-75

この研究は、52人の健康被験者を対象にした二重ブラインド化クロスオーバー試験において、振幅変調電磁界放射する低エネルギー放射療法(LEET)装置(作動状態または非作動状態)による15分間の治療における睡眠誘発効果を調べた。すべての被験者は、2つのセッションの間に少なくとも1週間の間隔をおき、作動または非作動LEET治療セッションの両方を受けた。 LEET装置は、正弦波振幅変調の27.12MHz電磁界を、口腔粘膜と直に接触する導電性マウスピースを介して口腔内に放射するものである。局所ピークSAR推定値は、口腔粘膜で10W / kg未満であり、脳組織で0.1〜100mW / kg未満である。治療中にそれと分かる感覚はないので、被験者は、作動または非作動LEET治療を区別することはできない。この研究では、実際に作動して治療中の場合、42.7Hz正弦波振幅変調の27.12MHz電磁界放射がON(3秒間)とOFF(1秒間)で間欠的に与えられた。非作動では、電磁界放射はなかった。ベースラインEEGおよび治療後15分のEEGを記録し、ルーミス分類に拠って分析した。対応のあるt検定の結果、非作動治療に比較して、作動治療においは、ステージB2への睡眠潜時有意な減少(-1.78 +/- 5.57分、P = 0.013)およびステージB2での全持続時間の増加(1.15 +/- 2.47分、P = 0.0008)が観察された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess the possible sleep inducing effect of Low Energy Emission Therapy (LEET) with respect to sleep latency to the different sleep stages and sleep stage duration. Also the depth of sleep achieved in the 15 min following active or inactive treatment was studied. It was a double blind cross-over study on 52 healthy subjects.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 27.12 MHz
Modulation type: AM
ばく露時間: 15 min
  • SAR: 0.1 mW/kg minimum (brain)
  • SAR: 100 mW/kg maximum (brain)
  • SAR: 10 W/kg peak (partial body) (in the oral mucosa)

ばく露1

主たる特性
周波数 27.12 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 15 min
Modulation
Modulation type AM
Additional information

field 3 s on followed by 1 s without field

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Symtonic LEET device
ばく露装置の詳細 testperson holds mouthpiece between the tongue and the palate
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.1 mW/kg minimum - brain -
SAR 100 mW/kg maximum - brain -
SAR 10 W/kg peak - partial body in the oral mucosa

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A significant decrease in sleep latency to stage B2 (Loomis scoring), and an increase in the total duration of stage B2 were observed on active treatment as compared with inactive treatment.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文