[カタツムリへの60 Hz磁場によるモルヒネ誘発「鎮痛」とばく露の抑制効果の調節におけるプロテインキナーゼCの関与の証拠] med./bio.

Evidence for the involvement of protein kinase C in the modulation of morphine-induced 'analgesia' and the inhibitory effects of exposure to 60-Hz magnetic fields in the snail, Cepaea nemoralis.

掲載誌: Brain Res 1991; 554 (1-2): 65-71

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露