研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[乳がんと電力] review

Breast cancer and electric power.

掲載誌: Biomed Pharmacother 1993; 47 (10): 435-438

乳ガンは先進国社会で女性で死因の大きなものである。発展途上国での乳ガンははるかに少ないが、その理由は定かでない。可能性としては、電気の使用が上げられ、それは人間の環境にとって新たなばく露を生み出した。すなわち、夜間の照明と電磁界である。これらは、夜間のメラトニン産生を減らす可能性がある。メラトニンは、動物実験では乳ガンの予防効果を示している。