研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話に対する局所的な血管拡張反応] med./bio.

Local vasodilator response to mobile phones.

掲載誌: Laryngoscope 2001; 111 (1): 159-162

この研究は、市販の携帯電話から発生する電磁界(900 MHz)により、30分間の通話中に皮膚温、鼻腔内の一酸化窒素NO)、および鼻腔抵抗が変化するか否かを、正常な被験者(n = 11;男性、32±5 歳)で調べた。鼻腔内NOは化学発光法により、鼻腔最小断面積(MCA)は音響鼻腔計測法で測定された。その結果:鼻孔および後頭部の皮膚温度は、電話使用と同側で、有意に上昇した(6分で最大2.3±0.2 ;℃の上昇);鼻腔内NOレベルも上昇の傾向が見られた(最大上昇は10分で12.9 ± 4.9 %);一方、MCAは有意に減少した(15分で最大減少は -27 ± 6 %);このような変化は、イヤピース使用時は見られなかった;携帯電話使用の反対側では、皮膚温および鼻腔内NOに変化はなかったが、MCAは有意に増加した(38 ± 6 %)、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate if a mobile telephone conversation can modify skin temperature, NO level, and nasal resistence.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 30 min
-

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 The phone with its antenna pushed out was held in one hand and was located 3 cm from the ear.
Additional information Control subjects used an earpiece with the mobile phone (mobile phone switched off) 45 cm from the skin surface of the face.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposure to electromagnetic fields produced by a mobile phone produces biological effects that can be easily measured. Microwaves may increase skin temperature and therefore cause vasodilation and reduce minimal cross-sectional area.

研究の種別:

研究助成

関連論文