[GSM携帯電話およびUHF無線による集中治療室および手術室の人工呼吸装置の電磁干渉] dev./impl.

Electromagnetic interference by GSM cellular phones and UHF radios with intensive-care and operating-room ventilators.

掲載誌: Biomed Instrum Technol 2000; 34 (5): 361-369

この研究は、2つの携帯無線(GSM携帯電話とUHF無線機器)による集中治療室や手術室の人工呼吸器の電磁干渉リスクを評価した。ANSI C63.18-1997推奨の評価手順に基づき、ローマの3つの病院で、22台の肺換気装置を試験した。電磁干渉(EMI)が発生した場合は、電磁干渉は起きる最長距離を測定した。また所定の携帯機器使用による電磁干渉の発生確率が5%、95%となる距離も測定した。結果として、観察されたイベントがもたらすリスクの程度を評価し、安全距離を示した;送信アンテナをある程度の距離に置いた場合でも、様々な程度と性質の電磁干渉が観察された、観察された影響は全て一時的なものであった;特定機種の3台の人工呼吸装置が完全停止し、リセットしなければならなかった、と報告している。

ばく露

この論文に対するコメント