[非常に弱い極低周波電磁界の生物学的影響の制限] tech./dosim.

Constraints on biological effects of weak extremely-low-frequency electromagnetic fields.

掲載誌: Phys Rev A Gen Phys 1991; 43 (2): 1039-1048

低周波電磁界が、ガンや白血病を引き起こす懸念が取り上げられているが、そのような相互作用は細胞レベルでは有意な変化を引き起こすには非常に弱い。組織電気的伝導度が高いことから、外部電界と人体組織とのカップリングによる、細胞に対する内部電界の効果は、熱雑音よりもより小さい。50uTの地磁気よりも小さな静磁界、60Hz、4uTよりも弱い磁界は地磁気中での効果とほぼ同等である、さらに、細胞レベルでの弱電磁界の相互作用もまた、熱雑音と比べて小さい。平均の共鳴エネルギーがkTでなければならないエネルギーの等分配からの必要性がある。したがって、細胞レベルでの弱電磁界生物学的影響は、従来の物理学の範囲外だとみなければならない。

ばく露

この論文に対するコメント