[K562白血病細胞へ膜の電気的特性が50 Hz磁界により変化する] med./bio.

A 50 Hz sinusoidal magnetic field induces changes in the membrane electrical properties of K562 leukaemic cells.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1995; 36 (1): 39-45

<目的>細胞膜低周波磁界の標的部位であると考えられているため、細胞膜電気的特性が白血病細胞において低周波磁界の曝露によって変わるかどうかを明らかにすることを目的に細胞曝露実験を行った。 <方法>50-Hz,2.5mTの磁界にK562細胞を48時間曝露した。コイルは市販のインキュベーター内におかれ、コイルと関係のないコントロール群と荷電していないコイル中に置かれた対照群(sham-exposed)、そして筒状のコイルによる曝露群、という構成であった。曝露後のK562細胞に対してdielectric relaxation計測を行った。 <結果>膜の電気伝導率と透過性は曝露後に非常に低下していることが明らかになった。一方、細胞質電気伝導率には変化がなかった。コントロール群と対照群間には、膜の電気伝導率と透過性に差はなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露