[メスマウスの生殖系に対するELF磁界の慢性ばく露影響] med./bio.

Effects of chronic exposure to ELF magnetic fields on the reproductive system of female mice.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1995; 38 (1): 173-177

<目的>ELF磁界慢性曝露することにより女性生殖器に与える影響を検討する。 <方法>自然磁界(43μT)に対して、磁界が垂直になるようにし、50Hz、15μTの磁界を作成する。OF1マウスを6週齢より14週間磁界に曝露し、その後メイティングし第2世代が14週齢になるまで曝露を続け、第2世代の女性生殖器に与える影響を検討した。 <結果>曝露群では黄体の発達がよく卵巣が大きく重い傾向がある。発情期が短い傾向がある。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露