研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[住居内磁界と小児白血病:メタ解析] epidem.

Residential magnetic fields and childhood leukemia: a meta-analysis.

掲載誌: Am J Public Health 1998; 88 (12): 1787-1794

【ここでは、居住磁界ばく露小児白血病疫学研究結果で見られる統計的な一致性、ランダム変動の重要性などを評価するためのメタ解析を行っている。方法として、様々なメタ解析手法を、ばく露特性で抽出した有効な全疫学研究・サブグループの研究に適応させ、結果の確かさならびにパブリケーションバイアスなどの役割をはっきりさせるためにサンプルサイズなどを計算する。【結果】ほとんどの疫学研究は、オッズ比は上昇しているが統計的に有意ではない。ワイアコード、距離または歴年的な磁界などによるばく露評価結果は、比較的一致しており、均一的、陽性である。一方、直接磁界を測った場合、結果は一致しておる。数百の被験者を対象にした未発表の研究があるが、データを無効にする必要がある。得られた結果は、ランダムな変動では説明できないリスクが見られウル。データからは、磁界が、主たるリスク因子であるとすることが示唆されるが、一致はしていない。高ばく露小児を対象にした研究が追加的に必要であろう。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露