研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ニワトリ胚の培養細胞に対する波長がミリメートル範囲の電磁放射の致死的影響] med./bio.

Lethal effect of electromagnetic radiation of the millimeter wavelength range on cell cultures of chicken embryo.

掲載誌: Dokl Biochem Biophys 2001; 377: 94-95
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、培養細胞の生存率および有糸分裂周期にミリ波ばく露が影響を与えるか否かを実験で調べた。10 – 12日齢のニワトリ胚の組織トリプシン処理して得た細胞懸濁液から標準的手法により、一定数の細胞を含有する培養バイアルを、1実験条件あたり数個作成した。ミリ波ばく露には理学療法装置2機種用いた。1つは、単一周波数53.534±0.05 GHzで出力10 mW/ cm2、他方は、広帯域40 – 90 GHzで出力可変0.05 – 100 mW/ cm2であった。いずれのばく露でも、ばく露時間は8分間とし、室温(約25 ℃)中で、上に向けたホーンアンテナ開口面上にバイアルを置いた。ばく露後に細胞学的分析、顕微鏡法による観察、分裂周期分析を行った。その結果、10 mW/ cm2を上回るレベルでのばく露細胞死を引き起こした;その一方、電離放射線ばく露で生じる典型的影響(G2期での増殖遅滞とそれに続くアポトーシス、分裂期細胞崩壊など)は見られなかった;この実験で観察された大量の細胞死は、おそらく細胞の代謝障害が原因と考えられ、そのプロセスが形態学的に細胞質の液胞形成として現れた;今回の実験では、細胞の局所的な温度変化が分析できないため、熱的要因の寄与を評価することに失敗した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of millimeter wavelength range electromagnetic waves on the survival rate and the mitotic cycle in cell culture.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 53.534 GHz
ばく露時間: 8 min
  • 電力密度: 100 W/m² maximum (output power density of yav)
ばく露2: 40–90 GHz
ばく露時間: 8 min

ばく露1

主たる特性
周波数 53.534 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 8 min
Additional information +/- 0.05 GHz.
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • physiotherapeutical apparatus yavs
ばく露装置の詳細 Vails with cell cultures were placed directly under the electromagnetic wave feedhorn of the generator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² maximum - - output power density of yav

ばく露2

主たる特性
周波数 40–90 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 8 min
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Artsakh-2ShG
ばく露装置の詳細 Vails with cell cultures were placed directly under the electromagnetic wave feedhorn of the generator
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 mW/cm² maximum - - -
電力密度 50 µW/cm² minimum - - 0.1 mW/cm², 1.0 mW/cm², 10.0 mW/cm²

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposure to millimeter wavelength range elctromagnetic waves (mm-EMWs) more intense than 10mW/cm² induced death of chicken embryo cell culture.

研究の種別:

研究助成