[ラットの60 Hz電界の行動的検知] med./bio.

Behavioral detection of 60-Hz electric fields by rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1983; 4 (3): 215-247

部分的に絶食したラットを60Hz垂直電界下でレバーを押し、何もない時は押さないよう訓練した。的確には3~4回の短時間の試行でペレットの餌を出すことができた。電界強度が増すと、電界検知の確率が増加した。検知閾、すなわち、過ちの訂正後、0.5の確率で検知の為に必要となる電界強度は、場合4~10kV/mであった。ほぼゼロと、ほぼ100%の正確に検知する電界強度は約8kV/mであった。ロジスティック関数により、電界強度を増加と検知確率の増加を記述することができた。この結果は、2年間で19匹のラットにより研究によっており、信頼に足るものである。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露