[携帯電話照射電磁界が人体頭部モデル内に誘導する電流およびSAR] tech./dosim.

Current and SAR induced in a human head model by the electromagnetic fields irradiated from a cellular phone.

掲載誌: IEEE Trans Microw Theory Tech 1994; 42 (12): 2249-2254

この研究は、1台の携帯電話から照射された電磁界ばく露した人体頭部の不均一モデルにおける電流およびSAR分布を、近傍界のFDTD法により計算した。頭部モデルは、不均一な誘電定数と導電率を持つ57263個のブロックからなる。携帯電話ダイポールアンテナでモデル化され、ダイポールアンテナの2本のアーム間の中央のギャップに120オームの等価抵抗を置いた。携帯電話の出力は、835MHzで0.6ワットと仮定した。その結果、ダイポールアンテナから1.0-2.5cmの範囲の頭部に誘導される最大値は、電流が356から551mA、SARが1.23から2.63W/kgの範囲であった;SAR最大値は、ダイポールアンテナからの距離を2.0cm以上に保った時のIEEEの頭部における安全上限値1.6W/kgよりも低いことがわかった、と報告している。

ばく露