研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[長期低強度のマイクロ波ばく露の血液学的影響に関する研究] med./bio.

Studies on the hematologic effects of long-term, low-dose microwave exposure.

掲載誌: Aviat Space Environ Med 1977: 516-518

この研究は、ラットに90日間の長期にわたるマイクロ波ばく露を与え、ばく露中およびばく露後の血液学的および形態学的な影響を調べた。ばく露には、波長12 cmの連続波マイクロ波発生器が用いられ、平均電力密度は5 mW/ cm2であった。ラットは、90日間、1日1時間のマイクロ波ばく露を受けた。ばく露の前、中、および後に血液学的検査が実施された。ばく露終了後に、さまざまな器官および組織組織学的検査が行われた。その結果、観察された生物学的パラメータのいずれにおいても、対照群ばく露群に間に有意差は検出されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 2400 MHz continuous wave microwave exposure on possible hematological and morphological changes in rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.4 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: repeated daily exposure, 1 h/day for 90 days

ばく露1

主たる特性
周波数 2.4 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 1 h/day for 90 days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • microwave generator MEDITRON-200 Model therapy unit
チャンバの詳細 Plexiglass and wooden cage without any metal parts
Additional information Control group animals were kept under identical conditions.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 50 W/m² mean 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

For non of the investigated parameters significant differences were found compared with control animals.

研究の種別:

研究助成

関連論文