[磁界中でのヒト神経芽腫細胞からの活動電位] med./bio.

Action potentials from human neuroblastoma cells in magnetic fields.

掲載誌: Neurosci Lett 2003; 337 (3): 163-166

パッチ・クランプ法により1, 5, 75 Gの直流磁界と60 Hz、1および5 Gの交流磁界ばく露させたSH-SY5Y神経芽腫細胞の細胞膜Na+ and K+電流を測定した。磁界はNa+, K+に共鳴するるように同調させた静磁界と変動磁界の重畳である。Na+電流の最大と不活性率と活性率を測定した。磁界を加えると活動電位には検知できるほどの変化はなかった。磁界による影響の発生は1000の1まで下げることができる。この研究では、磁界活動電位を発生させるほどの細胞には影響しないことが示された。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露