研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アカゲザルの眼に対するマイクロ波慢性ばく露の有害影響はなし] med./bio.

Absence of deleterious effects of chronic microwave radiation on the eyes of rhesus monkeys.

掲載誌: Ophthalmology 1983; 90 (10): 1243-1245

この研究は、アカゲザルの眼へのマイクロ波MW照射(周波数は9.31および2.45 GHz、平均電力密度150 mW/ cm2)の影響を、非拘束、無麻酔で調べる目的で、1976年に開始され、まず、17匹のアカゲサル(Macaca mulatta)を、自分自身を照射するように訓練した。サルは、壁の1つが1メートル角のアクリル窓を持つケージに入れられた。その窓にはMW照射用の20 cm角の穴があり、そこを通過するサルの顔と眼に15 cmの距離のホーンアンテナから照射される仕組みである。サルがリンゴジュースを得るために押したレバーにより、MW発生器もオンになり、その時のみ照射される。サルは照射中に目を閉じなかった。各サルは、毎日15分の照射時間が達成されるまで、装置を操作することができた。1日のセッション平均25分間を要した。9.31 GHzを用いた35か月にわたる実験での累積ばく露は、グループ1では20 mW / gで599 - 946分、グループ2では20 mW / gで408分プラス40 mW / gで275分から、20 mW / gで820分プラス40 mW / gで594分までの範囲だった。2.45 GHzを用いた4ヶ月の実験での累積ばく露(グループ3)は、20 mW / gで549 - 750分であった。結果として、これらのサルに、マイクロ波照射による有害な眼への影響は生じなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate possible harmful effects of microwave irradiation on monkey eyes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 9.31 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 15 min/day, for several months, see add. information
ばく露2: 2.45 GHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 15 min/day, for several months, see add. information
  • SAR: 20 mW/g mean

ばく露1

主たる特性
周波数 9.31 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 15 min/day, for several months, see add. information
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.5 µs
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 15 cm
チャンバの詳細 The monkeys were irradiated in a cage that had a one meter square acrylic window in one of the walls and a 20 cm square hole in this window for the MW radiation to pass through and expose the monkey's face and eyes.
ばく露装置の詳細 The animals were only irradiated when they pressed a lever for apple juice which also turned on the MW generator. They did not close their eyes during irradiation.
Additional information Each monkey was allowed to operate the apparatus until 15 min of irradiation time was achieved. The total session lasted an average of 25 min. The accumulated exposure over 35 months ranged in group 1 from 599 to 946 min at 20 mW/g and in group 2 from 408 min at 20 mW/g plus 275 min at 40 mW/g to 820 min at 20 mW/g plus 594 min at 40 mW/g.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 40 kW peak - - -
電力密度 150 mW/cm² mean - - -
SAR 20 mW/g mean 推定値 - -
電力密度 300 mW/cm² mean - - -
SAR 40 mW/g mean 推定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 15 min/day, for several months, see add. information
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 15 cm
Additional information The accumulated exposure over 4 months ranged in group 3 from 549 to 750 min.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 20 mW/g mean 推定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave irradiation of monkeys did not lead to ocular damage.

研究の種別:

研究助成