研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2450 MHz CWマイクロ波電磁界の細胞への影響] med./bio.

Cytological effects of 2450 MHz CW microwave radiation.

掲載誌: J Bioeng 1977; 1 (3): 471-478
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、インビトロで、ヒト線維芽細胞およびリンパ芽球生存率および増殖に対するマイクロ波ばく露の影響を調べた。マイクロ波は、周波数2.45 GHzの連続波で、電力密度は10 - 500 mW/ cm2の範囲で変化させた。SARの最大値は2,000 mW/ g、ばく露時間は15分間であった。その結果、ばく露条件下で温度に測定可能な変化がない場合、両細胞の生存率および増殖へのマイクロ波の影響は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of microwave exposure on cell viability and growth of human fibroblasts and lymphoblasts in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 15 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 constant temperature exposur chamber
ばく露装置の詳細 waveguide with a glass miropipette sample holder.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2,000 mW/g maximum 計算値 - 0 - 2000 mW/g
電力密度 500 mW/cm² maximum 測定値および計算値 - 10 - 500 mW/cm²

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Under the used exposure conditions microwaves did not appear to have any effects on human fibroblasts and lymphoblasts in vitro in the absence of measurable temperature changes.

研究の種別:

研究助成

関連論文