研究のタイプ: サーベイ (疫学研究)

[前庭神経線維腫、耳鳴りと携帯電話] review

Vestibular schwannoma, tinnitus and cellular telephones.

掲載誌: Neuroepidemiology 2003; 22 (2): 124-129

この論文は、アナログ携帯電話使用と耳鳴りあるいは前庭神経鞘腫(VS)の関連に関する疫学研究の総説論文である。携帯電話使用後に耳鳴りを訴える症例報告が存在すること、アナログ携帯電話使用に関連したVSのオッズ比上昇の報告があること、1960年から1998年の間にスウェーデンの年齢標準化されたVS発生率は毎年2.53%増加していること、このようなVS発生率有意な増加は、1960〜1979年および1980〜1998年の2つの期間の後半でのみ見られること等々、著者の調査に基づいた知見を解説している。

ばく露

調査対象集団

影響評価項目

ばく露