ホーム

作用メカニズム

(2016年9月時点の英文ウェブページの和訳です)
電撃傷の帰結は、異なる作用メカニズムに起因する可能性があります。
  • 電気興奮性および導電性の構造(例えば神経および筋)での電気刺激伝導の妨害。この影響は細胞の機能に依存します(筋細胞収縮します。一方、神経細胞は他の神経細胞刺激して、筋収縮を引き起こし、あるいは脳へ信号を伝達します)。乱された刺激伝導の影響は非常に多岐にわたり、おそらくは関与する組織器官(例:心臓、末梢神経、脳および筋肉)に依存するでしょう。心室細動、意識不明、不随意の筋収縮けいれんまたは麻痺が引き起こされる可能性があります。
  • 熱的影響:放出された熱エネルギーが体表に熱傷を、筋肉や内臓に壊死を引き起こします。さらに、血管系で血栓症および塞栓症が起きる可能性があります。これには遅発性のものもあります。
  • 電気穿孔。これは細胞レベルでの可逆的または永久的な細胞膜損傷をもたらす可能性があります。
  • 間接的原因:例えば、ビックリ反応によるはしごからの転落など。
いくつかの作用メカニズムが合わさり、それが人体のさまざまな組織および器官における電撃傷の影響に寄与する可能性があります。