ホーム

ばく露限度値

(2016年3月時点の英文ウェブページの和訳です)

ばく露限度値を規定するために、電磁界の科学的知識および人と環境への電磁界の影響の可能性に関する科学的知識の状況を、いくつかの国際委員会が計画に沿って系統的に評価しています。その評価はそれぞれの総括報告書に公表されています。また多くの国には、これと同様の役目を果たすその国の諮問機関があります。科学的評価を基に政府への推奨が導き出され、政府は限度値を設定します。

現在適用されているばく露限度値の大部分は、以下の機関によって作成されました。このような国際委員会の他に、ばく露限度値の策定および制定には各国の標準化委員会および関係当局が加わります。世界保健機関 (WHO)が公表しているいくつかの推奨(Link)は、ICNIRPを引用しています。放射線防護に関係する欧州の委員会もドイツ連邦の委員会(SSK)もまた、ICNIRPおよびWHOの推奨をガイダンスとして主に用いています。

国際的な機関からの報告書および声明は、GSM Association (GSMA)が収集し、提供しています。この分野の法律、推奨、ガイドラインは、EMF-Portalの文献検索でトピックを絞り込むことにより見つけることができる他、限度値の議論への貢献に関する資料一覧へもリンクできます。