ホーム

変換所

変換所は、交流から直流への、およびその逆の電流変換に必要です。変換所は、巨大な変換器建屋(例えば、50 m×200 m、高さ20 m)、さらに規模の大きな屋外施設および近接の電力鉄塔(高さは最大75 m)で構成されています。変換所内および電力線沿線の屋外に、静的および交流電磁界がそれぞれ発生します。その強度は、電圧および電流量に依存します。従来からの変電所変電所)の場合と同様に、屋外施設内および電力線近傍に電界が存在します。直流変換所では、電界は、変換器建屋を金属で覆うことで直ちに遮蔽されます。磁界は、変換器のほぼ全ての構成要素から発生しています。変換所への出入りは有資格者に限られています。
GKK Dürnrohrの旧変電所の変換器建屋
写真:wdwd、ライセンス: CC BY-SA 3.0, Wikimedia Commonsより