ホーム

上方制御

生理学分子細胞または全身レベルでの生理学的プロセスに対する正の調節作用。たとえば、刺激への反応を高めるために、細胞が特定のホルモンまたは神経伝達物質に対応する受容体の数を増やすプロセスなどのことである。細胞の主な調節部位には、膜受容体遺伝子、mRNAおよびタンパク質がある。
反意語は「下方制御」。