[電磁界ばく露する作業員における携帯式心電図モニタリング] med./bio.

Ambulatory ECG monitoring in workers exposed to electromagnetic fields.

掲載誌: J Med Eng Technol 1997; 21 (2): 41-46

この研究は、中間周波電磁界への職業ばく露を受けている労働者の循環系機能を評価した。被験者は4つのAM放送局(0.738-1.503MHz)の年齢20-68歳(平均46.9±13.1歳)の作業員71人と無線中継局の年齢23-67歳(平均48.2±17.4歳)の作業員22人である。AM放送局の作業員は、2-40年間(平均18.6±12.1年)、電磁界ばく露を経験しており(日常ばく露平均値は115Vm-1、就業中ばく露の最大レベルは165Vm-1)、無線中継局の作業員は規則的な電磁界ばく露の履歴がなかった。全ての被験者は、一般的健康診断、安静時心電図(ECG)、24時間ホルターECGモニタリングを行った。両グループの業務組織、業務期間、年齢、ライフスタイル、食習慣健康状態はほぼ同じであった。結果として、安静時および/または24時間モニタで検出されたECGの異常が、ばく露群では、非ばく露群に比べ、有意に多かった;ばく露群では、心拍リズム異常の頻度が高い傾向が見られた、と報告している。

ばく露

関連論文