研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[溶接工のがん発症率:溶接炎とELF電磁界ばく露の影響] epidem.

Cancer incidence among welders: possible effects of exposure to extremely low frequency electromagnetic radiation (ELF) and to welding fumes.

掲載誌: Environ Health Perspect 1987; 76: 221-229

溶接工を対象にしたがん発症疫学研究で、白血病146症例、期待値159.46、リスク比は0.92、急性の白血病40症例、期待値43.39でリスク比が0.92が公表され、呼吸器官がんでは、1789症例と1290.7期待値、リスク比は1.39が公表された。電気的な溶接工は、発がんと疑われている極低周波磁界磁束密度、100, 000uT)に曝され、金属エアロゾル(200mg/m3)に曝されている。エアロゾルは呼吸器系発がん物質Cr(VI)とNiを含んでいる。電流が溶接炎を発生させるので、磁界とエアロゾルのばく露は通常同時に起きる。観察あれた呼吸器系がんは炎と磁界への両方へのばく露によるもとの強く推察される。磁界へのばく露作業者で全白血病、急性白血病リスク増加が見られないことは、電気作業員での過剰リスク磁界ばく露によるとする仮説を支持していない。電気作業員では、溶接工よりも平均としてばくばく露は低い。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文