[低周波磁界にばく露されたニワトリ胚の体細胞変異] med./bio.

Somatic alterations in chick embryo exposed to low frequency magnetic fields

掲載誌: Electromagn Biol Med 2003; 22 (1): 55-61

ニワトリの胎児を孵化の間、1uT, 0.1mT, 0.5mT, 1mTの磁界ばく露させて、発育と体重への影響を調べた。発育時に薬指を測定して発達段階を調べ、孵化15日で対照群と比較すると、処理群でより長く大きな違いがあった。21日目は1μTと0.5mTと比べ薬指は短くなった。他の磁界では大きな差はなかった。体重は、15日と21日とも対照群よりばく露群の方で低かった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文