研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[胚の中枢神経系の発達に対する低周波パルス磁界の生物学的影響:組織学的及び組織化学的研究] med./bio.

Biological effects of low-frequency pulsed magnetic fields on the embryonic central nervous system development. A histological and histochemical study.

掲載誌: Histol Histopathol 2011; 26 (7): 873-881

研究目的(著者による)

ニワトリ胚の発達に対するパルス磁界の影響を調べること。

詳細情報

受精卵440個を以下のグループに分けた:1) 50Hz、10µTばく露群(n=123)及び対照群(n=98)、2) 100Hz、10µTばく露群(n=121)及び対照群(n=98)。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 1 s on - 0.5 s off - for 45 h, 15 days or 21 days
ばく露2: 100 Hz
ばく露時間: 1 s on - 0.5 s off - for 45 h, 15 days or 21 days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 1 s on - 0.5 s off - for 45 h, 15 days or 21 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 pair of Helmholtz coils with a radius of 70 cm, placed 70 cm apart; eggs in plastic trays positioned between the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 µT - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 100 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 1 s on - 0.5 s off - for 45 h, 15 days or 21 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 µT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

50Hzまたは100Hzの電磁界ばく露の45時間目に抽出した胚は、同時期の対照群と比較して、体節対が有意に小さかった。インキュベーション15日目には、50Hz磁界ばく露した胚にのみ、対照群と比較して有意に高い体重が見られた。インキュベーション21日目には、100Hz磁界ばく露した胚に、対照群と比較して有意に低い体重が見られたが、50Hz磁界ばく露した胚には、発達段階の遅れのみが見られた。加えて、ばく露の21日後の視葉における神経マーカーのNSE(ニューロン特異的エノラーゼ)の発現の増加と、グリコサミノグリカン発現の減少が見られた。

これらの知見は、少なくとも本研究で分析した強度と周波数のパルス磁界は、イン・ビボでの正常な胚発達を阻害し、正常な神経機能を変化させ得るかも知れないことを示唆している。

研究の種別:

研究助成

関連論文