研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[電気毛布使用と精巣がんのリスク] epidem.

Use of electric blankets and risk of testicular cancer.

掲載誌: Am J Epidemiol 1990; 131 (5): 759-762

比較的な高強度の放射電磁波、長期にわたるばく露と発生源と直接肌が接触するので、電気毛布は電磁界EMF)の家庭内での主な発生源である。1981年から1984年の間、西ワシントンの精巣ガンの症例-対照研究で電気毛布からのEMFばく露精巣ガン発症との関係が調査された。電気毛布の使用を申告した人の症例と対照のそれぞれの比率はほとんど同じ(年齢補正された比率(RR)=1.0, 95%信頼区間(CI)0.7-1.4)であった。使用期間分布も症例と対照は非常に類似しており、電気毛布の使用頻度は精上皮腫男性でわずかに低く(RR=0.7、95%Cl 0.5-1.2)、非精上皮腫生殖細胞腫瘍RR=1.4、95%Cl 0.9-2.3)では僅かに高かった。この調査は電気毛布からのEMFへのばく露は、仮に精巣ガンへのリスクがあったとしても白人の成人男性にはほとんどリスクとならないことを示している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

この論文に対するコメント

関連論文