研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトのバイタルサインの連続測定に対する最大8テスラの静磁場ばく露の影響] med./bio.

Effect of static magnetic field exposure of up to 8 Tesla on sequential human vital sign measurements.

掲載誌: J Magn Reson Imaging 2003; 18 (3): 346-352

この研究は、静磁界ばく露において磁界の強さを最大8テスラ(T)まで上昇させた場合、正常なヒトボランティアのバイタルサインまたは心電図(ECG)に影響が現れるか否かを実験した。被験者は、24〜53歳の男性19人、女性6人であった。被験者のバイタルサインおよびECGを、磁界の内外で14回測定した。これにより、心拍数呼吸数収縮期および拡張期血圧、指尖脈波での酸素飽和度、外耳道の温度による中核体温、光ファイバー測定による舌下温度が、8、6、4.5、3、および1.5 Tの磁界内で、逐次、測定された。その結果、磁界強度の影響が有意に観察されたのは、収縮血圧のみであり、8 Tのばく露において、収縮血圧平均3.6 mm Hg上昇した;ECGリズム分析では、ばく露後の有意な変化は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine if vital signs or electrocardiograms (ECG) in human are affected by increasing static magnetic field strength exposure up to 8 Tesla.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
ばく露時間: 5 min at every field strength point

ばく露1

主たる特性
周波数
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 5 min at every field strength point
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 8T/80 cm bore MRI scanner
ばく露装置の詳細 subjects were slowly advanced into the magnet on a mobile table
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.5 T minimum - - 1.5, 3, 4.5, 6, 8 T at the head
磁束密度 8 T maximum - - at the head
磁束密度 0.8 T minimum - - 0.8, 1.66, 2.5, 3.7. 8 T at the chest
磁束密度 8 T maximum - - at the chest
磁束密度 0.04 T minimum - - 0.04; 0.09; 0.13. 0.2, 2.3 T at the feet
磁束密度 2.3 T maximum - - at the feet

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

No clinically significant changes in vital signs and ECG were noted.

研究の種別:

研究助成

関連論文