研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[6.0W / kgの比吸収率で実施されたMRイメージング手順に対する生理学的応答] med./bio.

Physiologic responses to an MR imaging procedure performed at a specific absorption rate of 6.0 W/kg.

掲載誌: Radiology 1994; 192 (3): 865-868

この研究は、6.0 W/ kgの全身平均SARで行われた磁気共鳴(MR)イメージング過程における生理学的反応を評価した。6人のボランティアの鼓膜温度、7つの部位の皮膚温度、心拍数血圧酸素飽和度、および皮膚血流を、1.5 T、64 MHz MRイメージングの実施前、実施中(16分間)、および実施直後に評価した。その結果、高いSARへのばく露と関連して、鼓膜温、胸部・腹部・上腕・手・大腿部の皮膚温の上昇、心拍数および皮膚血流の増加が有意であった(P < .05);ただし、これらの生理学的変化はいずれも、被験者に有害とはみなされず、正常な体温調節機能を有する人には許容できると考えられる、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the physiologic responses to a magnetic resonance procedure (MRI) performed at a whole-body averaged specific absorption rate (SAR) of 6.0 W/kg.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 64 MHz
ばく露時間: 16 min

ばく露1

主たる特性
周波数 64 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 16 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • MRI; 1.5 T superconducting magnet; transmit/receive body coil.
ばく露装置の詳細 Each volunteer was positioned in the MR system so that the umbilicus was at the center of the coil.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 6 mW/g mean 測定値および計算値 whole body -
磁束密度 1.5 T - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Statistically significant increases in temperature of the tympanic membrane and the skin of the chest, abdomen, upper arm, hand, and thigh and in heart rate and cutaneous blood flow were associated with exposure to high SAR. None of these physiologic changes, however, were considered deleterious to the subjects. Magnetic resonance imaging (MRI) procedures performed at the high SAR examined can be tolerated by persons with normal thermoregulatory function.

研究の種別:

研究助成

関連論文