研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[1.5Tの臨床用画像撮影に関連した体温、心拍、血圧の変化] med./bio.

Temperature, heart rate, and blood pressure changes associated with clinical MR Imaging at 1.5 T.

掲載誌: Radiology 1987; 163 (1): 259-262

この研究は、高強度磁気共鳴(MR)イメージング検査のために、現在推奨されている全身平均比吸収率SAR)0.4 W/ kgを超える無線周波電磁界ばく露を受けた50人の患者を対象に、処理中における体温、心拍数、および血圧の応答を調査した。その結果、体温は平均0.2 ℃上昇した;MRイメージング後に記録された最高体温は37.5 °Cであった;体温の変化(イメージングの前後)と全身平均SARの間に有意な相関はなかった;皮膚温の変化は、解剖学的部位によって異なった;最大の変化は3.5 °Cで、イメージング後に記録された最高皮膚温は35.1 °Cであった;皮膚温の変化と全身平均SARの間には緩やかな相関があった;イメージング直前に測定された平均心拍数および平均血圧はイメージング後のそれらと有意な差はなかった;全身平均SARが0.42〜1.2 W / kgの高強度MRイメージングは​​、温度または血行動態に関する有害な影響には結びつかなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study temperature, heart rate, and blood pressure responses to high-field-strength magnetic resonance imaging (MRI) in patients who underwent procedures at exposures to radiofrequency irradiation above the whole-body specific absorption rate (SAR) of 0.4 W/kg.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 64 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 15 min
  • SAR: 420 µW/g mean (whole body) (1.2 W/kg maximum value.)
ばく露2:
  • DC/static

ばく露1

主たる特性
周波数 64 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 15 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 1.5 T MR system, 55 cm body coil.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 420 µW/g mean 測定値 whole body 1.2 W/kg maximum value.

ばく露2

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.5 T - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Body temperature significantly increased an average of 0.2°C and the highest body temperature recorded after MRI was 37.5°C. No significant correlation between the change in body temperature and whole-body average SARs was found. Changes in skin temperatures were variable, depending on anatomic site: The largest change was 3.5°C, and the highest skin temperature recorded after imaging was 35.1°C. A modest correlation between the change in skin temperatures and whole-body average SARs was found. Average heart rate and average mean blood pressure measured immediately before imaging were not significantly different afterward. High-field-strength MRI at the whole-body average SARs of 0.42-1.2 W/kg examined was not associated with any temperature- or hemodynamic-related deleterious effects.

研究の種別:

研究助成

関連論文