研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[心臓血管系への地磁気の影響] med./bio.

Geomagnetic field effect on cardiovascular regulation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2004; 25 (2): 92-101

この研究は、地磁気活動指数(K、K(p)、A(k)、およびA(p)で表示される地磁気(GMF)擾乱が、心臓血管系の調節に及ぼす影響を調べた。ペントバルビタール投与で鎮静化されたウサギでの50分間の血行動態モニタリングシーケンスを含む一連の実験を1日1回、全部で143回行った。血圧および心拍数(HR)の短期的変動(平均大腿動脈圧(MAP)およびHRの平均値標準偏差(SD)で指標化)に対する動脈圧反射の影響を調べた。血圧反射感受性(BRS)は、血管収縮薬(フェニレフリン)および血管拡張薬(ニトロプルシド)の静脈内ボーラス注射に対する血圧/ HR応答から推定した。その結果、GMF擾乱(K(p))の増加は、BRS、HRのSD、およびMAPのSDと有意な負の相関を示した;GMF擾乱指数の低値(K = 0)から高値(K = 4-5)への急激な変化は、MAPおよび心筋酸素消費量(MAP×HR)の有意な上昇と関連した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate physiological changes on cardiovascular regulation in rabbits caused by the influence of disturbances of earth geomagnetic field.

詳細情報

The Kakioka Magnetic Observatory supplied the values of geomagnetic field (GMF) disturbance.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • geomagnetic
ばく露時間: 50 min
  • 磁束密度: 46 µT (to 47 µT; ambient DC GMF in the laboratory)

ばく露1

主たる特性
周波数
  • geomagnetic
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 50 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 46 µT - 備考を参照のこと。 - to 47 µT; ambient DC GMF in the laboratory

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

This study provides evidence that GMF disturbance is associated with (1) weaker baroreceptor function and (2) decreases in spontaneous cardiovascular variability estimated by heart rate variability and blood pressure variability.

研究の種別:

研究助成

関連論文