研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[特定のパルス磁界への人体ばく露:熱感覚および痛覚の閾値への影響] med./bio.

Human exposure to a specific pulsed magnetic field: effects on thermal sensory and pain thresholds.

掲載誌: Neurosci Lett 2004; 363 (2): 157-162

この研究は、実験的に誘発された感覚および疼痛の閾値に対するパルス磁界MFばく露の潜在的な鎮痛効果を調べた。39人の被験者(実験1)と31人の被験者(実験2)は、2組の検査(感覚および疼痛の閾値および潜時の測定)の間に、30分間のMFばく露または擬似ばく露セッションに、無作為的に、また二重ブラインド化された方法で割り当てられた。その結果、MFばく露は感覚閾値に影響を与えないことが示された;疼痛閾値は、MFばく露後に有意に増加したが、擬似ばく露後は増加しなかった;MFばく露後の疼痛閾値において、性別による相互作用が有意であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the potential analgesic benefit of magnetic field exposure on sensory and pain thresholds following experimentally induced warm and hot sensations.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 0–500 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 0–500 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 3 pairs of nested Helmholtz coils ( 2 x 1 m; 1.751 x 0.875 m; 1.5 x 0.75 m)
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 200 µT peak - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Data indicated that magnetic field exposure does not affect sensory thresholds. Pain thresholds were significantly increased following magnetic field exposure but not following sham exposure. A significant condition by gender interaction was observed for post-exposure pain thresholds. In conclusion, these results indicate that magnetic field exposure does not affect basic human perception, but can increase pain thresholds in a manner indicative of an analgesic response. The potential involvement of the placebo effect is discussed.

研究の種別:

研究助成

関連論文