研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[白血病細胞のナノ秒電界への細胞内応答] med./bio.

Leukemic cell intracellular responses to nanosecond electric fields.

掲載誌: Biochem Biophys Res Commun 2004; 317 (2): 421-427

この研究は、強力なナノ秒(ns)パルス電界(PEF)により誘発された細胞の形質膜および核の完全性の変化を、共焦点顕微鏡を用いて、それぞれヨウ化プロピジウム(PI)およびアクリジンオレンジ(AO)の蛍光変化を記録することにより測定した。その結果、高電圧のnsPEFは、核への作用が中心となり、細胞機能を変化させる一方、原形質膜への作用は遅延し、パルス持続時間が短くなるにつれて小さくなることが示された;細胞の生存率は、これらのパルスの影響を受けなかった;高電圧パルス電界にもかかわらず、超短パルス持続時間のため、熱効果は無視でき流、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the response of human HL-60 cells on nanosecond pulsed electric fields (nsPEFs) in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 17 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露2: 100 MHz
Modulation type: pulsed

ばく露1

主たる特性
周波数 17 MHz
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 60 ns
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • two stainless steel electrodes, one rectangular and the other asymmetrically hexagonal
ばく露装置の詳細 cell suspension was placed in the channel between the electrodes (100 µm apart).
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 26 kV/cm unspecified 指定なし - -

ばく露2

主たる特性
周波数 100 MHz
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 10 ns
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 65 kV/cm unspecified 指定なし - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Cell viability was not affected by nanosecond pulsed electromagnetic fields (nsPEFs). Propidium iodide uptake was not observed which indicates a viable cell membrane. Uptake of acridine orange leads to fluorescence change of the nucleus indicating a specific effect of nsPEFs of this organelle.

研究の種別:

研究助成

関連論文