研究のタイプ: 治療に関する研究 (experimental study)

[経穴の低強度ミリ波電磁刺激に関する実験的研究] med./bio.

Experimental study on the low-intensity millimeter-wave electro-magnetic stimulation of acupuncture points.

掲載誌: Acupunct Electrother Res 2000; 25 (2): 91-99

この研究は、実験モデルを用いて、急性炎症およびストレス状態に対するミリ波バイオレゾナンス療法の効果を調べた。実験モデルは、右後肢への皮下ホルマリン(0.03 mlの1%溶液)注射によって舐め反応(過敏状態の構成要素の1つである)を誘発されたマウスである。同側のツボSt.36にミリ波バイオレゾナンス療法を実施した。周波数(43 GHzおよび61 GHz)、強度(0.1から7 mW / cm2)、ばく露時間(3分間または10分間)を変えて、効果を評価した。結果として、ミリ波バイオレゾナンス療法は、実験モデルの状態を改善した;この改善は、ホルマリン注射後から2時間にわたり10分ごとに記録した舐め反応の減少を伴った;ばく露時間は10分間の方が3分間よりも、効果がよく実証された(周波数61 GHz、強度0.1 mW / cm2の場合);61 GHzの周波数での刺激は、同じ強度での43 GHzより、舐め反応をしっかりと抑制した;最小の強度(0.1 mW / cm2)において、最も効果的な影響が観察された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of the millimeter wave bioresonance therapy on acute inflammation and stressful conditions in experimental models. Licking reaction in mice as a component of the hypersensitive state evoked by subcutaneous formalin injection into the right hind paw was monitored. Different parameters of electromagnetic stimulation applied to ipsilateral acupoint St.36 were examined.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 43 GHz
ばく露時間: 3 min or 10 min
  • 電力密度: 70 W/m² maximum (20 W/m², 600 W/m² and 1000 W/m²)
ばく露2: 61 GHz
ばく露時間: 3 min or 10 min
  • 電力密度: 70 W/m² maximum (20 W/m², 600 W/m² and 1000 W/m²)

ばく露1

主たる特性
周波数 43 GHz
ばく露時間 3 min or 10 min
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • medical electromagnet stimulator AMAT-04
ばく露装置の詳細 millimeter waves were applied to a point at the ipsilateral paw after the mice were injected with formalin
Additional information Control mice were kept under the unplugged stimulator for 10 min after formalin injection
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 70 W/m² maximum 指定なし - 20 W/m², 600 W/m² and 1000 W/m²

ばく露2

主たる特性
周波数 61 GHz
ばく露時間 3 min or 10 min
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 70 W/m² maximum 指定なし - 20 W/m², 600 W/m² and 1000 W/m²

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

It was revealed that the millimeter wave bioresonance therapy improved the condition of experimental animals, accompanying by diminution of licking reaction. Effect of 10 min irradiation was more demonstrative than 3 min. Stimulation with frequency of 61 GHz suppressed licking reaction more deeply than 43 GHz. Most beneficial effects have been found when minimal (0.1 mW/cm²) intensity of electromagnetic stimulation was applied.

研究の種別:

研究助成