研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[モルモットの脊髄の伝導に対する0.5-T静磁界の影響] med./bio.

Effect of a 0.5-T static magnetic field on conduction in guinea pig spinal cord.

掲載誌: J Neurol Sci 2004; 222 (1-2): 55-57

この研究は、成獣のモルモットから摘出された脊髄に0.5 Tの静磁界SMFばく露を与え、そのばく露前、ばく露中、ばく露後の脊髄からの複合誘発電位を記録した。その結果、ばく露中には、反応潜時に変化はなく、振幅にわずかであるが有意な減少がみられた;最大の変化は、SMFオンから1〜2分後に現れ、SMFオフから1分以内にベースラインに戻った;これらの知見は、電圧依存性ナトリウムチャネルに対するSMFの影響が原因で、小型軸索の亜集団に伝導ブロックが生じたことにより説明される可能性がある、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of a static magnetic field (SMF) on conduction in guinea pig spinal cord in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: 5 min

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 5 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electromagnet
ばく露装置の詳細 Spinal cord segments were centered between the poles of the water cooled electromagnet with the magnetic field perpendicular to the long axis of the cord segmets.
Additional information The cords were stimulated twice per second with 150 µs square waves, 9-15 V.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 500 mT unspecified 指定なし - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No change in response latency was observed during exposure. A small, but statistically significant decrease in amplitude was observed with a maximum 1 to 2 min after the start of exposure and turned back to baseline 1 min after exposure. The observed effect might be ascribed to voltage-activated sodium channels.

研究の種別:

研究助成