[概日的な神経内分泌生理と電磁界に関する研究:事前注意と複雑性] med./bio.

Circadian neuroendocrine physiology and electromagnetic field studies: precautions and complexities.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2003; 106 (4): 369-373

低周波磁界ばく露EMF)によるメラトニン抑制、”メラトニン仮説”が、磁界ばく露によるガン発症の増加についての可能性のあるメカニズムとして言われてきた。一方、メラトニンの光の効果はよく知られているが、磁界ばく露による同様な効果についてのデータは余りなく、ここでのレビューは、24時間周期の神経内分泌軸による正常なメラトニン調節の特性、マーカとしてのメラオtニンの複雑性に着目した。これらは、最近の論文における結果の一貫性不足に繋がると著者は確信している。

関連論文