[牛の発情期と受精における400- kV, 50-Hz送電線への長期ばく露の影響] med./bio.

Effects of long-term exposure to a 400-kV, 50-Hz transmission line on estrous and fertility in cows.

掲載誌: Prev Vet Med 1987; 5 (1): 21-36

最近、高圧送電線の懸念にその近傍で飼われている家畜の繁殖に直接的な影響の可能性がある。本研究の目的は、高圧送電線への長期ばく露ウシの繁殖行動に影響するかどうかを調べることである。ばく露グループと対照グループでそれぞれ58頭のスウェーデン牛(Swedish Red and White breed heifer)を使用し、ばく露牛は、400-kV, 50-Hz送電線の下にある3つの44mの囲いの中に入れ、対照グループは同じ環境で送電線Offの状態である。各0.7ha(ヘクタール)であった。6月の始めに囲いに動物を入れ、受精は24日後に行い、ばく露平均、120日間連続的に継続した。ばく露グループの電界は、4kV/m(非擾乱電界)、磁界は2μTであった。性周期を観察し、授精は、通常通り、一回の射精液の精子を用いて、AIセンタでの処置で行われた。性周期の長さと規則性、周期中間でのプラズマ中のプロゲステロンレベル、性周期の度合い、妊娠毎の着床数と妊娠した動物の割合などを調べた。母牛の屠殺直後、心臓が活動を示している胎畜の割合も調べた。パラメータのいづれも、400kV, 50Hz送電線への乳牛ばく露による影響は見られなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文